会社案内
Corporate guidance
技術のご紹介
Technical introduction
製品のご紹介
Product introduction
グローバルフォーメーション
Global formation
アート感覚オフィス
Art feeling office
採用情報
Adoption information
  1. TOP  > 
  2. 技術のご紹介

技術のご紹介

昭芝製作所の技術の中核。技術センターが所在するプラクトロニカ昭芝

 

金型3次元CAD/CAMシステムのいち早い導入(1986年)、
総人員の20%を開発員として配置、
ロボットラインシステムの内製化率100%など、豊かなノウハウと高い技術水準により昭芝製品を産み出しています。


 

金型技術

特 徴
●1986年に業界内でもいち早く導入した3次元CAD/CAM※注1,2システムにより設計効率/精度を高めています。
●技術センター(プラクトロニカ昭芝内) 総勢30余名の技術者(昭芝人員の20%超)を配置。
●現在の7台に加え、近々には最新3次元CAD/CAM(TOP Solid)4台導入を予定。一層の技術力向上を目指しています。

※注1 3次元CADとは?
 コンピュータを利用して物体の形状を立体的に描画するシステム。複雑な形状や曲線を分かりやすく表現できます

※注2 CAMとは?
 CADで作成したデータを利用してNC工作機(コンピュータ制御の自動工作機)のプログラムを作成するシステムです

適用/効果

  • 設計効率向上による納期短縮、及びトータルコスト低減

 

プレス成形シミュレーション(2004年導入)

特 徴
  金型設計段階で、プレス成形の工程をコンピュータ上で再現し成形性を解析する。(亀裂・シワの発生等)

適用/効果
金型開発費、試作・生産コストの削減効果

 

溶接技術

無酸化ロー付連続炉

電気炉を用い気密性の高いロー付を行っています。
設 備

  • DXガス連続式電気炉 2基

特 徴

  • 前洗浄(酸洗浄)の排除
  • 異材同士の接合が可能
 

 

以下の各種溶接は、ロボットとの組合せにより自動溶接システムとして稼働しています

TIG溶接

MIG溶接

CO2溶接

 
シート部品溶接ライン

 

塗装技術

静電粉体塗装

シンナー等の有機溶剤を使用しない安全で環境にやさしい塗装工法を採用しています。


設 備

  • トロリーコンベア自動塗装ライン 1基

特 徴

  • 定量供給装置による塗膜厚の均一な高品質、美観が得られる
  • カラー粉末を静電気の力で金属表面に吹きつけ、熱で焼き付け
  • 金属の保護、腐食防止に効果
  • 多くの金属に塗装可能
  • 前処理工程不要、廃水処理不要
  • ゲマ社スーパーコロナシステム採用
 

レーザー加工技術

三次元レーザー加工機

加工能力

  • ss ~t9mm
  • sus ~t7㎜
  • アルミ ~t5㎜
  • 加工範囲 2500×1300×600H

特 徴

  • 高出力エネルギーを一点に絞り込み照射することで素材への彫刻、マーキング、切断などの高精度加工を行います。
 

 

内製率100%を誇るロボット技術 

 ロボットの積極的な導入で品質保持、生産性の向上をはかっています。また必要に応じてロボットのシステム設計・製作の内製(内製率100%)を行い、様々な要求に柔軟に即応できることが弊社の強みといえます。
  またこれまで培ってきた技術により、多くの改善実績を積み重ねています。
  シート部品組立ラインエアバック組み立てラインカーテンエアバッグ組立ライン

ISO取得履歴

 
品 質
環 境
 
ISO9001
ISO/TS16949
ISO14001
   昭芝製作所 
2000/9
2014/9※注1
2005/11※注2
   九州昭芝 
2003/6
   SFINC 
2003/4
   中山三大 
2005/9
2005/9
   昭芝汽車部件(呉江)
2012/4
2012/4
2011/10
       
※注1:玉戸工場・テクニカルセンター/下館工場/茨城工場
※注2:玉戸工場・設計工機課/下館工場/茨城工場

gototop

会社案内技術のご紹介製品のご紹介グローバルフォーメーションアート感覚オフィス採用情報
Copyright(C) 2007-2015 SHOSHIBA MANUFACTURING COMPANY LTD